妊婦さんは葉酸欠乏に注意!

妊娠初期には、葉酸を積極的に摂取しようと呼びかけられていますよね。これは、妊婦さんが葉酸欠乏に陥りやすいためです。なぜ、葉酸欠乏になってしまうのでしょうか。

葉酸は赤ちゃんのビタミン
葉酸は、細胞が作られたり、増えたりするときに消費されます。赤ちゃんの体をお腹の中で作らなければならない妊婦さんは、葉酸が普通の人よりたくさん必要というわけですね。妊娠12週くらいまでは、脊髄や脳などの大事な部分が作られる時期なので、特に葉酸の需要が高まります。もし、葉酸が欠乏していると、神経管閉鎖障害を持って生まれてくる可能性が高くなってしまうと言われています。

葉酸欠乏
妊娠前よりも葉酸がたくさん必要ということで、妊婦さんは、葉酸欠乏に陥りやすく、葉酸欠乏になると、赤ちゃんが障害をもってしまうリスクが高くなるほかにも、貧血になったり、動脈硬化になってしまう恐れもあります。だから、妊婦さんは、葉酸を積極的に摂る必要があるのです。葉酸は、乳製品や野菜、果物、貝やレバーなど、たくさんの食品に含まれます。だから、バランスの良い食事を心がければ、ある程度は、摂取することができます。それでも、葉酸は、熱に弱いという性質もありますから、調理過程で、失われてしまいます。葉酸を、効率的に摂取するために有効なのが、葉酸サプリです。上手に使って、葉酸欠乏を予防しましょう。

妊婦さんにとっても、おなかの赤ちゃんにとってもとても大切な葉酸。サプリメントで一日0.4ミリグラムの摂取が望ましいと言われています。それプラス、食事でも葉酸を積極的に摂るようにすると安心ですね。つわりなどで食事がとれない時にも、サプリメントなら安心です。妊婦さんにはお勧めですよ。

関連ページ